スノーフレイク アジア太平洋・日本地域の担当社長にJon Robertsonが就任

Robertsonの指揮のもと、スノーフレイクのデータクラウドで企業の価値を最大化

クラウドデータプラットフォームを提供するSnowflake株式会社(所在地:米国カリフォルニア州サン・マテオ、ニューヨーク証券取引所:SNOW、以下スノーフレイク)は本日、3月初旬よりJon Robertsonがアジア太平洋・日本(APJ)地域の担当社長として経営に加わることを発表しました。Robertsonは、APJ地域におけるスノーフレイクのデータクラウドの採用と拡大を促進し、企業のデータを結集して価値あるビジネスインサイトを提供する責任を担います。また、日本市場に注力するための新たな一手として、Robertsonはスノーフレイクの東京オフィスからAPJ地域の指揮を執ります(現在は新型コロナウイルスの影響によりリモートで業務にあたっています)。

Robertsonはスノーフレイクに加わる前の14年間、VMWareでアジア太平洋地域を担当してきました。2007年にVMWareの日本法人であるヴイエムウェア株式会社のバイスプレジデントに就任し、2012~2015年にVMWare ASEANのゼネラルマネージャーを務めました。直近ではヴイエムウェア株式会社の社長として日本における仮想化、デジタルワークスペース、クラウド事業を統括しました。VMWare在職中は、戦略策定、事業開発、顧客エンゲージメントに関わり、現在ではクラウド市場をリードする数十億ドル規模の企業としての地位を確立した同社の成長に貢献しました。

さらにEMC、SAP、M3iでも、管理職として日本市場やアジア太平洋市場のセールスおよびマネジメントを担当した経験があります。日本語、フランス語、英語が堪能で、カナダのモントリオール州にあるマギル大学で政治学の学士号(BA)を取得しています。

スノーフレイクの最高収益責任者(CRO)であるChris Degnanは次のように述べています。「RobertsonがもつAPJ地域に関する豊富な知識と、クラウドコンピューティング業界において大きな成功を収めた経験は、スノーフレイクのチームとAPJ地域のお客様の両方に大きな貢献をもたらすでしょう。スノーフレイクの事業拡大、ならびにデータの力を結集してお客様のビジネス価値を引き出す上で、Robertsonのリーダーシップと専門知識が力になることを期待しています」

スノーフレイクのAPJ担当社長に就任したJon Robertsonは、次のように語りました。「現在はデータをビジネスの中核とする企業が大きな成功を収めています。多くの企業が、スノーフレイクのデータクラウドを利用することで大きなメリットを得られることに気が付くでしょう。スノーフレイクの一員として地域のお客様と協力し、弊社のプラットフォームを通してお客様のビジネスの可能性を引き出すことを楽しみにしています。APJ地域のチームでは、お客様を第一に考えるスノーフレイクの献身的な姿勢を守り続けたいと思います」

スノーフレイクについて:

スノーフレイクが提供するデータクラウドは、数千もの企業がデータを集積するグローバルなネットワークであり、無限に近い拡張性、同時実行性、性能を実現しています。顧客企業はデータクラウド内で、サイロ化したデータを集結し、管理されたデータを簡単に検索して安全に共有しながら、さまざまな分析ワークロードを実行しています。スノーフレイクはデータやユーザーの場所を問わず、さまざまなパブリッククラウドの壁を越えて単一でシームレスなエクスペリエンスを提供します。スノーフレイクのプラットフォームはデータクラウドへのアクセスを推進し、利用可能にするエンジンであり、データウェアハウジング、データレイク、データエンジニアリング、データサイエンス、データアプリケーション開発、データ共有におけるソリューションをもたらしています。スノーフレイクのデータクラウドは、顧客、パートナー、データプロバイダーのビジネスを新たなフロンティアへと導きます。ぜひ、データクラウドにご参加ください。Snowflake.com

Snowflake株式会社は、スノーフレイクの日本法人です。詳細はこちらよりご覧いただけます。

<本件に関するお問い合わせ>
Snowflake 株式会社 担当:中島 [email protected]

または
共同ピーアール株式会社(広報事務局) 担当:栗木、石谷、伊藤、仙場 [email protected]